40歳超の転職に失敗する人と成功する人の差(東洋経済オンライン)



 「40歳を過ぎてからでも、転職はできますか?」

 この質問に単純に回答すると以下になります。

 「職業を選ばなければ、また、年収や勤務地などの労働条件にこだわらなければ、すぐにでも転職できます」

■「転職35歳限界説」は過去の話となりつつあるが…

 厚生労働省が毎月発表している「有効求人倍率」は、2018年1月時点で1倍以上が続いているだけでなく、1974年以来、実に43年ぶりの高水準である1.5倍以上になっているので、数字のうえではこだわりさえ捨てれば、仕事に就ける可能性は極めて高くなっています。

 「人手不足」は、今やあらゆる企業において死活問題になっています。AIやデータサイエンスが活況なIT業界はもちろん、宅配業界ではドライバー不足が大きな問題になっていますし、建設業界、建築業界も、東日本大震災の復興や東京オリンピック・パラリンピックの会場やホテルの建設など、仕事が急増したため人材がなかなか確保できない状況が続いています。医療や介護の現場、さらには保育の現場などでも深刻な人手不足が叫ばれています。

拙著『40歳からの「転職格差」 まだ間に合う人、もう手遅れな人』でも詳しく解説していますが、職を選ばなければ、年収や勤務地などの労働条件にこだわらなければ、40歳を過ぎていても現在の日本で転職することは十分に可能です。実際、年齢にこだわらない求人数は確実に増えていますし、こうした求人に応募して転職するミドルも間違いなく増加しています。かつての「転職35歳限界説」は過去の話となりつつあります。

 ただ、現実には、職業や給料、勤務地にこだわりなく仕事を探す人はほとんどいないため、満足度が高い転職を実現するには、一人ひとりまったく異なる難易度になってしまいます。特に40歳を過ぎると、受け入れてくれる求人企業は激減するので、「こだわり条件の数」や「こだわり水準」によっては、自分が求めているレベルの求人がほとんどない、結果として転職活動が進まないというケースも激増することになります。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す