ホンダNSX アルミのモノコックボディが見どころ あの時代を駆け抜けたクルマたち(日経トレンディネット)



日経BPnet セカンドステージに「くるまのわざ」として連載していたものを再編集して掲載しました。初出は2006年10月26日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

【関連画像】フロント、リアに結構な容量のラゲッジ・スペースを持つほか、充分に実用に足る居住性をもつ。跳ね上げたリア・ウィンドウの下にエンジンが横置き搭載される

 トヨタ・ソアラは、1980年代のトヨタがイメージリーダーとすべく技術を盛り込んで送り出したモデルといえる。それがそのまま10年後のホンダNSXに共通する。

 しかし、10年間の技術的進化、またホンダというメーカーのチャレンジ精神は、オーソドックスかつコンベンショナルなソアラとは対極に位置するクルマとして登場させた。

 ホンダNSXの一番の見どころはボディ/シャシーをすべてアルミのモノコックで生産したことである。書けば簡単なことのように思うかも知れないが、アルミという金属は鉄に較べて約1/3という軽量である半面、引っ張り強度、伸展性が低いことから加工しにくく、また通電性がよすぎて溶接もしにくいという、クルマのボディを形づくるには難しい特性を持つ。

 ホンダは、神戸製鋼、アルミスカイ両社との共同開発した専用素材を用い、このクルマのための専用組立ライン、さらには大量に電流を要するアルミ溶接のために変電所までつくるという力の入れようだった。

5kg/PSのパワー・ウエイト・レシオを想定

 エンジン横置きのミドシップ・レイアウトの2シーターGTというコンセプトは、「和製フェラーリ」を狙ったものか、などといわれたが、そこに詰め込まれたハイテク技術は念の入った手づくりを志向していた当時のフェラーリよりも先をいくものであった。

 逆に、ホンダの後を追うようにフェラーリにもロボット組み立てが導入され、生産近代化が進められたほど。まさしく、ひとつのエポックといっていい存在となった。

 順に見どころを拾ってみよう。まずエンジン。「世界レベルで一級の動力性能と世界一のハンドリング」が目標として掲げられた。具体的には250km/h+の最高速、400m加速14秒以下、という数字をクリアするために、5kg/PSというパワー・ウエイト・レシオが想定された。

 極限まで軽量化されたボディでも要求されるエンジン・パワーは280PS。V6、DOHC3.0Lのオール・アルミ・エンジンには、モリブデン鋼にテフロン加工を施したピストンにチタン製コンロッドなども奢られていた。いうまでもなく、コストよりも軽く高性能にすることを優先したため、である。収納スペースの苦しいミドシップ・マウントを可能にすべく、ギアボックスも専用の新設計品であった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す