オプテックス、防災向け照明を発売(SankeiBiz)



 業務用・産業用センサーを製造するオプテックス(大津市)は、企業による防災対策用の照明として、ソーラーLED(発光ダイオード)照明「LS-10」を発売した。税抜き価格は3万5000円。初年度3000万円の販売を計画している。

 太陽電池によって日中に太陽エネルギーを電気に変換しバッテリーに充電。夜間はバッテリーに充電されたエネルギーで点灯する。配線工事が不要で自由に設置できるため、従業員駐車場や構内通路など事業所敷地内の明かりが不足している通路向けなどに適している。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す