東京製鉄、経常益1.7%増120億円 今期予想 コスト高の影響大(日刊産業新聞)



4/23(月) 11:45配信

日刊産業新聞

 東京製鉄が20日に発表した2019年3月期の単独経常利益は、前期比1・7%増の120億円を予想している。「17年4―12月期まで増益となっていたが、変動費などの大幅なコストアップによって、18年1―3月期は営業利益ベースで4000万円の損失となり、1―3月としては13年1―3月以来5年ぶりの赤字になった。このコストアップはすぐに解消されず、19年3月期決算にも大きな影響を及ぼす」(今村清志・常務取締役営業本部長)とコメントした。

【関連記事】

Related Post





コメントを残す