タイガーマスク“伊達直人”が本名で語る意義(東洋経済オンライン)



 タイガーマスク運動を覚えているだろうか。2010年12月25日、群馬県前橋市の児童養護施設に、「伊達直人」名義でランドセルが贈られた。それをきっかけに、全国の施設で相次いだ寄付行為のことだ。

この記事の写真を見る

 伊達直人といえば、故・梶原一騎氏が原作のプロレス漫画『タイガーマスク』の主人公。悪役レスラーとして活躍する彼は、自身が育った児童養護施設の経営難を知る。そして秘密組織・虎の穴を裏切り、納めるべきファイトマネーを、匿名で施設に寄付し続けたのだった。その伊達直人が実際に現れ、原作と同様、善意ある行動をとったことが話題となり、タイガーマスク運動はたちまち社会現象となった。

■社会を動かし、マスコミを動かし、行政を動かした

 ランドセルを寄付した人物の正体は、群馬県前橋市に在住の会社員・河村正剛さん。これまで正体を明かしてこなかったが、2016年12月7日、プロレスラー・初代タイガーマスクこと佐山聡氏のデビュー35周年大会でリングに上がり、自らが伊達直人であることを公表した。

 2017年12月には、ふるさと納税の優れた使い道を表彰する「ふるさとチョイスアワード」で、河村さんの提唱によって前橋市が始めた「タイガーマスク運動支援プロジェクト」が大賞を受賞。これは、児童養護施設を出た若者の進学・就職を支援するため、新生活の費用として15万円を支給するほか、市内の自動車教習所と連携し、運転免許取得にかかる費用の無償化を行うもの。その財源として、ふるさと納税の活用というこれまでにない試みを行ったのだ。2017年12月末時点で、寄付件数は308件・合計2119万円が集まっている(数字はふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」より)。

 このように、河村さんがたった1人で始めたタイガーマスク運動は、社会を動かし、マスコミを動かし、行政を動かした。いったい、なぜ彼には実現できたのだろうか。運動の背景にある思いや信念、行動哲学、そしてどのメディアにも明かしたことがないという恩師との出会いを聞いた。

 タイガーマスク運動で注目を集めた河村さんだが、実は1998年3月、24歳の頃から、養護施設の支援を行ってきた。具体的には毎月1万円の寄付、ランドセルやクリスマスプレゼントの贈呈など。それを約20年間、休みなく続けてきた。決して高給取りでもない、“ごく普通”の会社員である河村さん。費やしたおカネや時間は相当なものだが、「まったく大変だとは思わない」と話す。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す