「東大女子」が自ら選択肢を狭めてしまう理由(東洋経済オンライン)



 「男子だらけでゾッとした」

 地方出身で東京大学に通う川上純子さん(仮名)は、入学後、初めて東大で授業を受けたときの印象をこう語る。

■なぜ東大女子の7割は東大男子と結婚するのか? 

 「将来は一応働きたいなと思っています。法学部なので法曹を目指すことになると思います。子どもは、まだわかりません」

 すでに将来を見据えている。しかし将来を語るとき、その表情には一抹の不安があることがうかがえる。

 「もし子どもができたなら、やっぱり旦那さんにも育休を取ってもらいたい。子どものお世話とか、やってみないとつらさがわからないと思うので、そこらへんはフェアにいきたいなって思っています」

 「フェアにいきたい」と言いながら、その大前提として、自分が主に育児を担うというニュアンスが感じられる。それを指摘する。

 「あぁ~」

 川上さんがハッと表情を変えた。

 川上:つまり、私は仕事第一じゃないけれど、旦那さんは仕事第一という前提で話しているということですね。

 おおた:そうだよね。そしてその両立を、自分が背負わなければいけないという暗黙の前提があるかもしれないよね。

 川上:あぁ~、そう思ってました(笑)。

 おおた:たとえば川上さんが将来若くして大企業の顧問弁護士になったりでもしたら、普通のサラリーマンの給料よりも多く稼ぐことだってありうる。それなら当然『私が仕事を続けたほうが経済的に合理的じゃん』ということになる。

 いままでそんなことはまったく想定したことがなかったのだろう。川上さんは目をまんまるに見開いている。

 川上:入学したときの女子オリエンテーションで、東大出身の女性の配偶者の多くは東大男子であるという話を聞きました。確かに『早稲田とか慶應とかの男子からしてみたら、東大女子は扱いにくいんだろうね』って話を、友達とよくするんです。

 実際、東大女子の約7割は東大出身の男性と結婚しているというデータがある。

 おおた:『自分より偏差値の高い女子は扱いにくい』と男の子たちが思っているんじゃないかという意識が、東大女子の中にあるということだよね。

 川上:そういうことですね。で、結局、東大男子のほうが、同じ東大生として、私たちの気持ちを理解してくれるんじゃないかという話になります。でも、東大男子についても、人を選ばないとダメなのかなとも。常識がない人も多いよねって。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す