ダメな管理職ほど「決断のスピード」が遅い(東洋経済オンライン)



4月より新年度を迎えたこの時期、新しく管理職になった人も多いのではないでしょうか。
ですが、「管理職1年目」には失敗がつきものです。特に、プレイングマネジャーの場合、部下を管理しながら自らの成果も求められるため、仕事量が急激に増えるケースがほとんどです。
日米両方のグローバル企業での豊富なマネジメント経験を基に、『管理職1年目の教科書』を上梓した櫻田毅氏が、高速で仕事を処理し、かつ確実に成果を出す外資系マネジャーの仕事術を紹介します。

この記事の写真を見る

 私が日本の企業から米国系のグローバル企業に転職したときに受けた最大の衝撃は、圧倒的な仕事のスピードです。同じような転職経験のある知人たちに聞いても、ほとんどの人が「日本と米国企業の大きな違いはスピードだ」と言い切ります。「どれぐらい違うの?」と尋ねると、「日本企業に比べて3倍は速い」と答える人が多く、なかには「10倍!」という声もありました。

 この差を生んでいる最大の要因については、ほぼ全員が「決断のスピードの違い」だと答えています。仕事は基本的には「決めて実行する」の繰り返しであることを考えると、「速く決める」ことで仕事全体のスピードが増すのです。そこで今回は、私が勤めていた米国企業で経験した、決断のスピードを高めるためのシンプルな仕事術を紹介します。

■「いつまでに決めるのか」を徹底する外資系

 米国の資産運用会社で私の上司だったCEO(最高経営責任者)のM氏から頻繁にされた質問は、「By when? (いつまでに? )」 です。「期限のない仕事など、ソーセージのないホットドッグと同じでありえない」とM氏が言ったかどうかは覚えていませんが、仕事と期限は必ずセットにすべしということです。

 しかも、最終的な仕事の締め切りだけでなく、その過程で発生する「決める」という行為に対しても「By when?」の嵐です。

 櫻田「では、このミニ・プロジェクトのデッドライン(期限)は90日後で」

 M氏「それで頼む。で、最初にやることは?」

 櫻田「まず、必要なメンバーを決めることですね」

 M氏「By when? (いつまでに? )」

 櫻田「で、で、では今日中に」

 M氏「OK、決めたらメール頂戴」

 櫻田「イエッサー!」

 と、このような感じです。

 仕事は「決めて実行する」の繰り返しです。そこで、「いつまでにやるのか?」といった実行完了の期限だけでなく、その途中にあるいくつかの決断についても、「いつまでに決めるのか?」といった「決断のデッドライン(期限)」を設けるのです。さもないと、「○○が決まってないので先へ進めません」という言葉とともに仕事はずるずると遅れてしまうからです。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す