東陽建設工機、伊社製コイル材専用加工機 国内で販売開始 鉄筋コイル材普及に期待(日刊産業新聞)



4/16(月) 11:32配信

日刊産業新聞

東陽建設工機(本社=大阪市大正区、秦興司社長、略=東陽)は伊のプログレス社のコイル材用自動鉄筋加工機(EBA Sシリーズ)を日本国内で販売する。東陽は国内トップのバー材用自動鉄筋加工機メーカーで、今回プログレス社のコイル材専用加工機の販売を開始するのは鉄筋加工機のメニュー充実が目的。国内ではトピー工業が今年秋から鉄筋のコイル材(商品名=「TACoil」)の生産・販売を開始する予定で、鉄筋コイル材の普及・拡大が期待されており、鉄筋加工業者においてもコイル材専用加工機の採用が増えていくものとみられる。

【関連記事】

Related Post





コメントを残す