ダイハツ・フェロー ダイハツの“軽第一号” あの時代を駆け抜けたクルマたち(日経トレンディネット)



日経BPnet セカンドステージに「くるまのわざ」として連載していたものを再編集して掲載しました。初出は2008年6月12日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

【関連画像】フロントに収められた水冷直列2気筒のエンジン。2ストローク故のオイルタンクも搭載されている。これで後輪を駆動した

●ダイハツが「軽」に進出した最初のモデル

 燃費その他の問題からか、ふたたび小型車に注目が集まるなか、それとは裏腹にスバルが「軽」から撤退するというニュースが流れてきた。少し流れが変わりつつあることを感じる昨今だが、表題のダイハツ・フェローはいまから40年前、まだわが国の「軽」が独自の境地を拓きつつあった時代に登場したモデルのひとつだ。ダイハツは800cc級の小型車、コンパーノで乗用車市場に参入してきたのち、フェローで「軽」にも進出を果たしたのである。1960年代中盤のことだ。

 このダイハツ・フェローは1966年に発売された。ひと口で述べるならば、フェローは小型車をそのままスケールダウンしたようなものである。当時、たとえばスバル360などが「軽」ならではのメカニズムを積極導入したのと対照的であった。

 スペックを順にみていくと、まずエンジンは2ストロークの水冷直列2気筒356cc。 先に発売していた「軽」トラック、ハイゼットの空冷エンジンを、乗用車用ということで水冷化したもの。暖房ヒーターの効果やエンジン音などで水冷は必須であったのだろうか。2ストローク故の潤滑油は、「分離給油」方式が採用され、そのオイルタンクがエンジン・ルーム内に存在感を以って鎮座している。

小型車と同じメカニズムで上級感を持たせた

 注目すべきは、このエンジンをフロントに縦置き搭載し、後軸を駆動するというレイアウト。つまりフロント・エンジン/リア・ドライブという、当時の小型車に標準的なメカニズムをそのまま「軽」に持ち込んでいたということだ。

 いまでは「軽」どころか、ほとんどすべての小型車で前輪駆動が当たり前になっているが、当時の「軽」などはリア・エンジンを採用し、スペースの確保をうたうものが多かった。ダイハツは、敢えて小型車と同じメカニズムを持ち込んで、上級感を持たせたのであった。

 基本的にコンベンショナルなスペックを「軽」に持ち込むことが特徴といえたダイハツ・フェローのなかにあって、唯一足周りは凝ったメカニズムで注目された。フロントはウィッシュボーン+コイル、リアにはダイアゴナル・リンク+コイルというスウィング・アクスルが採用されていた。

 当時の「軽」は全長3m以下という制限があり、フェローも2990mmの全長に収められていたが、そのうちの1990mmをホイールベースに充てたのは、ラゲッジルームにスペースを割いたため、といわれた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す