気持ちいい! 「足裏ブラシ」大ヒットの舞台裏(東洋経済オンライン)



 テレビ番組でタレントの所ジョージさんが取り上げたことをきっかけに大ブレイクしている足裏マッサージ商品があります。浴室で足裏を洗いながらマッサージもできるフットブラシで、商品名は「フットグルーマーグラン」といいます。税込み価格は8980円で、販売しているのは大阪府吹田市に本社のあるサンパックです。

この記事の写真を見る

 昨年10月22日、毎日放送の「所さんお届けモノです!」で紹介されるやいなや、会社の電話は鳴りっぱなし。ネットでの申し込みも入れて、30分で数カ月分が売り切れたそうです。

 「放送は日曜日でしたが、念のため数名の社員がスタンバイしていました。しかしそれでは足りず、文字どおり大慌ての対応でした。在庫はすぐにパンクしました」。そう語るのは、広報・営業担当の平山剛之常務。この商品、放送前の9月に「東京インターナショナル・ギフト・ショー」に出品したときにも手応えを感じたそうですが、その予想をはるかに上回るフィーバーぶりでした。

■「気持ちいい!」

 その後、明石家さんまさん司会のフジTV系「ホンマでっか!? TV」(3/14)にも所さんがゲストで登場。自腹で買ったBESTBUYとして、再度紹介してくれました。スタジオで、ブラックマヨネーズの小杉竜一さんが裸足になって体感し、「気持ちいい!」を連発。これでまた多くの追加注文があったそうです。

 筆者は、この会社の創業者・青山健祐会長、そして息子さんの青山総一郎社長とは以前から親しくさせてもらっています。それで、この商品の1世代前の「フットグルーマー」を使わせてもらったこともありました。そのときは、気持ちがいいのでそこそこ売れると思いましたが、ちょっと高いかな、というのが正直な感想でした。税込みで6980円。類似商品の多くが3000円以下という中で、販売に苦戦しそうな感じがあったのです。

 今回の新商品はそれよりさらに2000円高いのに、それでこの大ヒット。やはり、所ジョージ、明石家さんまといった人気者が司会の番組で紹介されたおかげでしょうか。お話を聞くと、確かにテレビ番組の効果は絶大ですが、それに加えて、あまり表には出てこない企業のこだわり、そして地道な努力の積み重ねがあったことがわかりました。

 サンパックは、1971年にグループ会社である三和紙器の研究開発部門が分離した会社です。なおこの三和紙器は、1964年に青山会長が創業、従業員425人(2018年3月現在、パート含む)で段ボール等の製造販売をしています。段ボールといっても「紙粉除去段ボール」という特殊な製品で、飲食品、衛生品の梱包用に使われる“安心段ボール”です。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す