JR三江線に続く「廃線危機」の路線はどこだ? (東洋経済オンライン)



 島根県の江津(ごうつ)と広島県の三次(みよし)を結ぶJR三江線は多数の地元住民や鉄道ファンに見送られながら3月31日で運行終了となった。廃止直前こそ車内は連日超満員となったものの、2016年度の1日1km当たりの平均利用者数(平均通過人員)はわずか83人にすぎなかった。

この記事の写真を見る

 2019年4月には北海道の石勝線夕張支線(新夕張―夕張間)が廃止されることが決まっている。夕張支線の2016年度の平均通過人員もやはり83人だ。

 旧国鉄時代には、平均通過人員が4000人を下回ると、鉄道が持つ大量輸送機関としての役割を発揮できないためバスへの転換が妥当とされていた。しかし、現実には全国のJR路線のうち平均通過人員が4000人を下回る路線は4割を超える。

■10年前のワースト1、2位はすでに廃線

 道路整備による自動車へのシフトや地方の人口減少で、ローカル線の利用者の減少が加速している。新幹線や都市圏の収益でこうした閑散路線を支えているというのが現状だ。今から10年前、つまり2008年度と現在とでJR各線の利用状況を比較してみると、10年前に利用者が少なかった路線の多くがさらに過酷な状況に置かれていることがよくわかる。

 2008年度における平均通過人員が最も少ないのは岩泉線(茂市―岩泉間)の49人だった。岩手県の山間部を走り昔から利用者数は少なかったが、沿線の道路事情が悪く、それまで廃線を免れてきた。しかし、2010年に土砂崩れが発生し運休になると、その後復活することなく2014年に廃線に。現在は、岩泉線の押角トンネルを道路用トンネルに転用する工事が行われている。

 岩泉線に続く2位が三江線で、平均通過人員は2016年度と同じ83人だった。つまり、2008年のワースト1、2位は10年後には姿を消したということになる。

■大糸線は区間で明暗が分かれる

 3位は長野県の松本駅と新潟県の糸魚川駅を結ぶ大糸線のうち、JR西日本(西日本旅客鉄道)が管轄する南小谷―糸魚川間で170人。2016年度の平均通過人員は100人と、利用者が4割も減った。JR東日本(東日本旅客鉄道)が管轄する松本―南小谷間の平均通過人員が同期間内に3364人から3179人へと5%減で持ちこたえているのとは対照的だ。

 同じ大糸線なのにJR東日本区間とJR西日本区間では、なぜこうも利用者数が違うのか。JR東日本区間は人口23万人の松本市があり通勤・通学路線の役割を担うほか、黒部ダム、白馬といった観光地を沿線に抱える。一方のJR西日本区間は、南小谷と糸魚川の交流人口がそもそも少ないうえに、北陸新幹線の開業で北陸本線がJR西日本から経営分離されてしまったことも大きい。JR西日本にとって大糸線は自社のどの路線ともつながらない飛び地のような路線になってしまった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す