年収急増! 米国「プログラマー養成所」の正体(東洋経済オンライン)



 米国シアトル郊外の小さなビル。朝8時を回ると、大勢の若者たちが眠い目をこすりながら入ってきた。部屋の中にはパソコンがずらりと並び、あちらこちらにホワイトボードが置かれている。彼らは各自かばんを置くと、黙々とそのボードに数式のようなものを書き始めた。

【図表】ひたすらキーボードをたたき続けるブートキャンプの1日

 「コーディングドージョー」という名のこの施設は、ウェブサービスやスマートフォンアプリの開発エンジニアを養成する学校で、全米7都市に校舎を置く。コーディングとは、プログラムのコードを書くこと。韓国系米国人の創業者が日本語の「道場」を入れた校名のとおり、入学と同時に毎日12時間を費やす厳しい“訓練”の日々が始まる。

■ひたすらパソコンに向かう”ブートキャンプ”

 朝登校した生徒たちが取り組んでいたのは、プログラミング問題をパソコン上ではなく、ホワイトボードに書き込みながら解くというもの。エンジニアの採用面接ではよくある場面だ。

 同校では、今ウェブサービス開発で最も多く使われている「JavaScript」など、三つの言語を14週間で学ぶ。かなりのハイペースだが、「新たな言語で次々とウェブサイトを作ることで、(就職後も)自分自身で新たな言語やツールを学び続ける力を鍛えられる」(リードインストラクターのドノヴァン・アン氏)。

 軍隊の訓練になぞらえて「ブートキャンプ」とも呼ばれるこうした学校が、全米各地で増え続けている。

 評価サイトのコースリポートによれば、2017年末時点で米国内に95校。同年の卒業者数は約2万3000人に上り、この5年で10倍という急増ぶりだ。カリキュラムの平均期間は14週間で、学費の平均は1万1400ドル(約120万円)と決して安くない。

 それでも入学者が絶えない背景には、年収の伸びへの期待がある。これまでにブートキャンプを卒業した人の平均年収は、入学直前の仕事で4.7万ドル(約500万円)。それが卒業後に得た仕事では7万ドル(約750万円)に上昇している。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す