大谷翔平が今も大切にする、父の「3つの教え」(東洋経済オンライン)



大谷翔平のメジャー3回目となる登板が、日本時間4月16日午前3時15分から予定されている。快進撃を続ける大谷のピッチングに世界中から注目が集まっている。
2回目の登板後の会見では、現地記者から「今日のピッチングは人生で1番だったか」という質問が出た。それに対し大谷は「1番は小学校くらいの時」とあっさり答えている。大谷が自己最高のピッチングをしたという小学生時代とは、どのようなものだったのか。
本稿ではスポーツライターの佐々木亨氏が上梓した『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』から抜粋し、父と二人三脚で歩んだ大谷の小学生時代をお伝えする。

大谷選手の実家がある、岩手県奥州市水沢区の写真。のどかな田園風景が広がっている

■2年生の終わり、野球を始める

 翔平が野球チームのユニフォームに袖を通し、白球を追いかけ始めたのは小学3年生に上がる直前の雪解け間近な頃だった。その前年、2年生の秋頃に地元にある硬式リトルリーグのチームへ見学に行ったのがきっかけだった。厚みのある父の手を小さな手でギュッと握りしめて向かったであろう野球の体験会だ。

 母・加代子さんの友人の息子がすでにそのチームに入部していたこともあり、本格的に野球を始めることを決めた。入部前から父とはよくキャッチボールをしていた。野球にのめり込むまで、さほど時間は必要ではなかった。

 チームの監督も務めた父・徹さんは当時をこう振り返る。

 「翔平と7つ違いの(長男の)龍太は、小さい頃は地元のスポーツ少年団で野球をやっていました。中学校でも軟式です。当時の私は、仕事が忙しくて龍太に対して手取り足取り野球を教えてあげられなかった。キャッチボールもなかなか付き合ってあげることができなかったんです。そのことが心のどこかに引っかかっていまして……。今でも龍太には申し訳なかったと思っているんです。そのこともあって、翔平には一生懸命に野球を教えてあげようかな、と。ゆくゆくは高校に上がれば硬球を使った野球になりますし、末っ子にははじめから硬式チームに入れて野球をやらせてみたいという思いがありました」

【関連記事】

Related Post



コメントを残す