日立、グループ会社数4割減を検討 海外進出の影響で肥大化、効率的な経営体制に刷新(SankeiBiz)



 日立製作所は2021年度をめどにグループ会社数を4割減らす検討に入った。現在800社超あるが、統合・再編を進め、500社程度に縮小する。海外進出を加速させた影響で肥大化したグループにメスを入れ、効率的な経営体制に刷新する。

 日立は4月にコスト構造改革を担当する副社長を置いた。18年度中に統合のスキームやコスト削減の目標など具体案を詰める。また、IoT(モノのインターネット)を活用したシステム導入などで間接部門をスリム化し、生じた余剰人員を成長部門に振り向ける再配置も進める。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す