(けいざい+)「火の国」観光、復活の種火 熊本地震から2年(朝日新聞デジタル)



 熊本県阿蘇市のJR阿蘇駅。3月28日午前10時、住民ら100人が旗や手を振って見送るなか、黒い7両の客車が出発した。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星」が、2016年4月の熊本地震後初めて阿蘇で1泊し、目的地へ旅立った。コースから外れていた阿蘇駅が復活したのだ。
 「やっと帰ってこられた。阿蘇は元気だと伝えたい」。同社クルーズトレイン本部の小川聡子次長(48)は感慨深げだ。
 ただ、かつての姿ではない。「ななつ星」はもともと、九州の西側から豊肥線で阿蘇に入っていたが、路線は今も一部が不通のまま。東側の大分から回って来た。……本文:1,477文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す