リバーHD、鈴木会長、100%再資源化を目標(日刊産業新聞)



リバーホールディングスの鈴木孝雄会長が12日、東京都千代田区の学士会館で開催された「リサイクルシンポジウム 進化、変化するリサイクル業界の今」で講演した。
講演のテーマは、「リバーHDが描く日本のリサイクル市場の未来」。鈴木会長は「これからの日本はサーキュラーエコノミーとして100%再資源化できる社会を目指していくことになり、われわれは廃棄されたものを100%再資源化することを目標に掲げている」との方針を披露した。また、鈴木会長は日本における大量生産・大量廃棄の時代は1990年でピークになり、バブル経済の崩壊によって右肩上がりの社会が終焉を迎えたと分析。2000年代に入って資源循環を継続することが可能な社会が構築されたが、2010年代と2020年代では異なるとみており、10年ピッチで環境が変化していると指摘した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す