トランプ米政権、対中圧力を強化へ 追加制裁リストを来週にも公表、米紙(産経新聞)



 【ワシントン=塩原永久】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は12日、トランプ米政権が中国の知的財産侵害に対する追加制裁措置として、25%の関税を課す、1千億ドル(約10兆7千億円)の中国製品のリストを来週にも公表すると報じた。中国に対し不公正取引の是正圧力を強める狙いとみられる。

 米政権は今月、中国からのハイテク製品を中心とした輸入品約1300品目、約500億ドル相当に関税を課す制裁案を公表。トランプ氏は今月5日、さらに1千億ドル分を積み増す追加制裁の検討を通商代表部(USTR)に指示していた。

 同紙によると、早ければ来週にもUSTRが関税対象品のリストを示す。対象を1千億ドル分追加した場合、当初のリストになかった中国の主力輸出品である衣類や靴、携帯電話が含まれる可能性が高い。

 また、財務省に検討が指示されていた中国企業による対米投資規制でも、「厳しい制限」(同紙)を加える方向で同省が検討中という。米政権が制裁拡大の検討を表明した後、中国の習近平国家主席は市場自由化を表明。米政権は「強硬戦略が奏功した」(同)と受け止めているという。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す