高嶋ちさ子と草彅剛のCM出演がウケた背景(東洋経済オンライン)



あなたのお気に入りCMは、何位にランクインしているだろうか? 
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2018年3月後期(2018年3月5日~ 2018年3月19日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

■auのCMが作品別1位に

 今回はKDDI『au』の「三太郎」シリーズの新作「習字の愛と着信音」篇がCM好感度の作品別1位となった。

 寺子屋の生徒たちが習字で“愛”の文字を練習していると、『iPhone』の着信音が鳴り響く。教室の左側に座る桃太郎(松田翔太)は「え?  何この音」と動揺するが、浦島太郎(桐谷健太)はそれをよそにすくと立ち上がるやロボットダンスを踊りだす。続いて浦島太郎と同じく教室の右半分にいた金太郎(濱田岳)たちも一斉に踊りはじめる。

 教室内の“半分”だけを踊らせることで、対象の機種代金が最大“半額”となる有料プログラムをアピールした。一糸乱れぬダンスとひとり戸惑う桃太郎の対比もさることながら、視聴者の関心を集めたのは着信音のユニークな使い方だ。

 これまでも『iPhone』の最新機種の発売告知CMでは着信音が活用されている。三太郎たちの住む「昔話」の世界に「現代」の端末を登場させるわけにはいかない。そこであの特徴的な着信音を流すことで、形は見せずとも視聴者に何のCMなのか気付かせる妙案だ。今回は、ダンスと組み合わせることでさらに着信音の存在感を前面に押し出している。

 その結果、CMに好感を示した要因として「音楽・サウンド」を挙げた人数は全3203作品中のトップに。調査モニターの感想には「着信来たと思った」「お母さんの携帯が鳴っていると思ってしまう」「あの音が鳴ると自分のと同じなのでビクッ! とする」など、テレビから流れる音に反応した人も多かったようだ。

 2位以下には学割を訴求したCMが並び、auとSoftBankはどちらも“親子”をモチーフにしながらもアプローチは対照的だった。今回2位となったau「鬼ちゃんの親心」篇は、鈴木福演じる息子の下校を隠れて見守り、あまりの過保護ぶりに息子の怒りを買った鬼(菅田将暉)が「反抗期来たー!」とむしろ成長を喜ぶというストーリー。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す