KDDI 新社長・高橋体制は顧客目線に立っているか 佐野正弘の“日本的”ケータイ論(日経トレンディネット)



4月1日付で代表取締役社長が交代したことを受け、KDDIは4月5日に新社長・高橋誠氏の就任会見を開いた。高橋氏は「ワクワクを提案し続ける会社」というキャッチフレーズを打ち出すとともに、顧客目線を重視したサービスを提供していく考えを示したが、その内容からは同社の課題も見えてくる。

【関連画像】KDDIは通信を軸にしながら生活系サービスとの融合を推し進めていくとの方針を示した。写真は4月5日のKDDI記者会見より

●「大変革時代」に備えた新体制

 2018年1月、KDDIが突如、“スマートフォンのプロ”として親しまれた田中孝司氏から、かつての“KDDIの顔”であった高橋誠氏への社長交代を発表した(関連リンク:業績好調のKDDI なぜ今、社長交代なのか?)。そして4月1日付で社長が交代したことを受け、KDDIは4月5日に高橋氏の社長就任会見を実施。新体制によるKDDIの今後の戦略や方向性について高橋氏自らが語った。

 この会見で高橋氏が最初に口にしたのは「ライフデザイン」という言葉である。これはKDDIが中期経営計画で「通信企業からライフデザイン企業への変革を目指す」としている通り、同社が現在最も力を入れている事業分野でもある。実際、KDDIはこれまでにも、電子商取引の「Wowma!」や「じぶん銀行」「au WALLET」といった金融サービス、そして「auでんき」などの生活系サービスを急拡大してきた。

 高橋氏はこれまで、それらの生活系サービスを主導する立場にあったことから、同氏の社長就任によってKDDIが生活系サービス事業へとシフトしてしまうのではないかという懸念も社内外から出ていた。これに対し高橋氏は、KDDIの事業の主体はあくまで通信であるとした上で、通信サービスで獲得した顧客に対してさまざまな生活系サービスを提供することにより、新しい体験価値を提供するとの方針を示している。

 この方針自体は、田中前社長の下でKDDIが推し進めてきたものと大きく変わっていない。では、高橋氏の就任によって何を変えようとしているのか。それは「5G(第5世代移動通信システム)」「IoT(モノのインターネット)」「AI(人工知能)」など、次々と登場する新技術によって訪れる「大変革時代」に備えた取り組みである。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す