マネックスG株、大商い 売買代金首位(SankeiBiz)



 東京株式市場でマネックスグループの株式が大商いとなっている。6日、巨額の仮想通貨流出を起こしたコインチェックの買収を発表したが、買収額の36億円が割安との評価などから売買が膨らみ、11日の売買代金は1246億円とソフトバンクグループや任天堂などを抑えて東証1部で首位。株価も一時、値幅制限の上限(ストップ高水準)となる前日比80円(17%)高の552円まで上昇し、年初来高値を更新した。11日の終値は63円(13%)高の535円。

 一部報道で買収方針が伝わった3日の前日にあたる2日の終値(344円)と比べ56%上昇した。最近は連日、東証1部の売買代金ランキングで上位に入っている。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す