「ぐにゃり折れ曲がるiPhone」は誕生するのか(東洋経済オンライン)



 最新機能を搭載したアップル「iPhone X」。その先に登場する新製品はどのようなものなのだろうか。

この記事の写真を見る

 アップルの動向を報じるいくつかの専門メディアからはiPhoneの新製品の1つとして、「2020年に折れ曲がるiPhoneを出すのではないか」との報道がある。このウワサは確度が高いといえるのだろうか。

 いきなり結論から書くと、当面の間、ぐにゃりと折れ曲がるiPhoneが世の中に登場することはないだろう。なぜこのようにいえるのかといえば、特許情報とマーケット情報を融合する分析手法によって、近い将来の製品は十分に予測できるからだ。

■「IPランドスケープ」とは何か

 この分析手法は「IPランドスケープ」ともいわれる。IPランドスケープとは、特許などの「Intellectual Property(知財)」と、景観や風景を意味する「Landscape」を組み合わせた造語。近年、欧米の先進企業が取り組んでいる一種のマーケティングリサーチの手法である。

 知的財産の出願というのは早いもの勝ちのため、実際の製品の上市よりも相当前に行われている。しかも基本的にすべて公開されるため、知的財産、特にある企業の特許の出願を見れば、その企業が将来、どのような技術に着目し、研究開発しているかを分析できる。この他社の特許情報とビジネスの情報(特にマーケット情報)を適宜組み合わせてリサーチして他社ビジネスの動向を予測するなどして経営戦略や事業戦略に生かすというのがIPランドスケープである。

 まず、「折れ曲がるスマートフォン」に関する特許情報の状況を検証してみよう。

 そもそも、新技術の大半が既存技術を基礎とする「組み合せ」であり、その組み合せに利用された技術、言い換えるなら他社に引用される技術は、まさに「基礎技術」といえる。すなわち、「他社が基礎にした技術(≒特許)」を見ることで「他社がその技術(≒特許)に注目している」かどうかを確認することが可能となる。

■アップルの特許はどうなっているのか? 

【関連記事】

Related Post



コメントを残す