ホンダCR-X 個性的な「大人のスポーツギア」 あの時代を駆け抜けたクルマたち(日経トレンディネット)



日経BPnet セカンドステージに「くるまのわざ」として連載していたものを再編集して掲載しました。初出は2008年8月7日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

【関連画像】当初は1.5LのSOHCエンジン搭載でデビューするが、写真の第二世代になる前からDOHC16バルブ・エンジンが導入されていた

●身近な憧れの存在だった「CR-X」

 昨今のモーター・ショーでその再来か、などと噂されるプロトタイプが話題になったりしたが、ホンダのCR-Xというモデルは、印象深いモデルのひとつとして記憶に残っている。とりたてて超高性能というわけではないのだが、サイズ、性能、価格などがもっとも好もしいところでマッチしている。それでスタイリッシュ、とくれば身近な憧れの存在として人気を持っていたことが頷ける。

 そもそも「CR-X」なるモデルが登場したのは1983年。その時はホンダ・バラード・スポーツというサブネームが付けられていた。シビックの姉妹モデルであったバラードの一員として、むしろバラードのネームバリューを高めるような意味合いも込めて送り出されたものだった。それが望外の人気だったこともあってか、4年後の1987年に、こんどは独立したホンダCR-Xとして新型シビックとともに登場した。

 それはエンジンをはじめとして全体がリファインされた、より鮮明なコンセプトの持ち主になった。初代では1.5iという上位モデルでも4気筒SOHC12バルブの1488cc、110PSというものであったが、チェンジ後は4気筒DOHC16バルブ、1590cc、130PS搭載のホンダCR-X Siが主力になった。1.5i時代は、ライバルのトヨタはDOHC、日産はターボ・チャージャ装着で宣伝合戦を繰り広げるなかで、待望のDOHC16バルブといったところであった。

高出力高回転タイプのエンジンが小気味よさの根元になっていた

 加えて特筆しておきたいのは、ホンダのエンジンは基本的に高出力高回転タイプであったこと。それは、運転しやすさを主張してトルクリッチな傾向になっていく大きな流れのなかで、スポーツカー・フィールとしては小気味よさの根元になっていた部分だ。ホンダCR-Xの性格にもマッチしていて、全体の好印象につながっていた。

 基本的にシビック系のフロアパンのホイールベースを縮めて用いたCR-Xだが、初代の2200mmが100mm拡大されて2300mmというホイールベースになった。シビック各車が2500mmだったから、それの200mm縮小版ということになる。これに加え、トレッドが一気に50/40mm(全/後)ワイド化され、いかにもマッシブなディメンジョンとなっている。これは、最初から2+2と割り切って、走行性能やスタイリングを重視した結果であろう。サスペンション周りも、フロントに従来のストラット式ではなくウィッシュボーン+コイル・スプリング、リアにも同じスペックを持ち込んでいる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す