「自転車を積める列車」で鉄道利用は増えるか(東洋経済オンライン)



 今年1月、サイクルトレイン「B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)」がデビューした。JR東日本千葉支社が投入したもので、自転車専用のサイクルラックを車内に常設。“幻のホーム”とも呼ばれる両国駅の3番ホームから出発し、週替わりで千葉県内4方面(内房・外房・銚子・佐原)を目指す旅行商品対象の専用列車だ。

【写真】自転車をそのまま車内に持ち込めるサイクルトレインを運行している秩父鉄道

 房総半島は、1年を通して温暖な気候や平坦な地形もあってサイクリストからの人気が高い地域。都心部からの近さもあって、これまでも多くのサイクリストが足を運んできた。「B.B.BASE」投入以前も、千葉県内の鉄道は輪行バッグで自転車を持ち込むサイクリストの利用が目立ったという。

■自転車で房総半島を活性化

 今回の「B.B.BASE」は、千葉県や県内の自治体が積極的に進めているサイクルツーリズム事業にあわせ、サイクリング客の取り込みを図ったものだ。

 JR東日本千葉支社の担当者は言う。「週末を中心に輪行バッグで列車をご利用いただくお客様は多く、増加傾向が見られます。また、これまでも千葉支社ではトライアスロン大会やサイクリングイベントにあわせて自転車を解体せずに利用できるサイクルトレインの運行を行ってきました。こうした実績を踏まえ、千葉県内の地域活性化を目的として、千葉の食・スポーツなどのツールを活用した『コトづくり』の一環として『B.B.BASE』を投入しました」。

 千葉県は2012年からサイクルツーリズム推進事業に力を入れており、県内のサイクリング環境整備を支援してきた。こうした中で千葉支社でも2013年以降たびたびサイクルトレインを運行。さらに自転車関係団体や関係自治体との情報交換を重ね、「B.B.BASE」の投入に至ったというわけだ。

 「出発駅である両国駅をはじめ、『B.B.BASE』の到着各駅では階段やエレベーターを使わず直接ホームへの出入りができるよう改装しています。サイクリストの方々にとって、車内の自転車を乗せるために折り畳む作業や階段などの段差がわずらわしさのひとつ。それを最小限に抑えることで、快適に目的地までご利用いただける点が大きな特徴です」(同支社担当者)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す