iPhone、3月27日に登場する機種は何なのか(東洋経済オンライン)



 アップルは3月27日、米国イリノイ州シカゴにあるLane Tech Collage Prep High Schoolでスペシャルイベントを開催することをメディアに告知した。

この記事の写真を見る

 招待状には手書きでアップルロゴと「Let’s take a field trip.」とのタイトルが書かれており、「教員・学生向けの創造的な新しいアイデア」が披露されることを案内している。そのことから、教育イベントであることがわかる。

 アップルは2017年、本社があるカリフォルニア州クパティーノにApple Parkを開設し、同年9月のiPhone発表イベントではスティーブ・ジョブズ・シアターでイベントを開催した。しかし今回はシカゴでの開催となっている。

 アップルは今回のイベントをなぜシカゴで開催するのか。またどんな発表が期待できるのか。

■シカゴで開催する理由とは? 

 アップルが教育イベントを開催するのは2012年以来となる。6年前のイベントは1月に、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館で開催された。この際は、iBooks 2による電子教科書配信システム、電子教科書編集アプリ「iBooks Author」、ビデオ授業の配信と録画が行える「iTunes U」が発表された。

 今回のアップルのイベントも、教育に関連するプラットフォームが主題となる可能性が高いが、「アップル」「教育」「シカゴ」と結び付ける理由は、プログラミング教育だ。

 2017年12月、アップルはシカゴの公立学校、市立大学において、iPhoneアプリなどの開発に用いられるプログラミング言語「Swift」を用いたプログラミング教育の導入を発表した。この取り組みは「Everyone Can Code」と呼ばれるカリキュラムの一環だ。

同カリキュラムでは、50万人にもおよぶ学生がSwiftでアプリ開発を学び、アップルが放課後のプログラミングクラブの活動などをサポートする。また、アップルに加えて、GEトランスポーテーション、IBM、マクドナルド、ユナイテッド航空など地元企業による学生へのサポートや、Everyone Can Codeを終了した高校生100人以上を受け入れる取り組みも行われるという。

 この取り組みの開始時期が2018年春とされている。そう考えると、今回の発表会ではシカゴでのカリキュラム開始が主題となるだろう。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す