富山・黒部発の農業生産法人、米作や米飯加工を手掛けていた宇奈月ファームが破産(帝国データバンク)



 (株)宇奈月ファーム(TDB企業コード:074011044、資本金799万円、富山県黒部市宇奈月町下立1148、代表前坂邦子氏)は、2月19日に富山地裁魚津支部から破産手続開始決定を受けた。

 破産管財人は高野由雄弁護士(富山県富山市本町7-7、高野由雄法律事務所、電話076-433-8190)。財産状況報告集会期日は5月30日午後1時20分。

 当社は、2014年(平成26年)1月に設立された農業生産法人。地元農家からの受託を主体として、米作22ha、園芸作物30aの経営でスタートした。事業の拡大を狙い、収穫物の販売のみならず、米飯加工事業に参入するため、同年9月に黒部市荻生地内に工場を買収。12月から酢飯のおにぎりの生産を開始した。

 同事業への参入で業容の拡大が期待されたが、計画どおりの販売ができず、赤字決算を余儀なくされていた。加えて、設備投資は大半を金融機関からの借入金に依存していたため、その返済負担が重く、以後は多忙な資金繰りが続いていた。この間、金融機関以外からの支援も得ていたものの、財務面の改善に至らず事業継続を断念し、1月30日に自己破産の申立を行っていた。

 負債は約1億4000万円。

Related Post





コメントを残す