鴻池組とインフォマティクス、複合現実でトンネル管理 漏水を3Dで確認(日刊工業新聞電子版)



■CIM3次元データ、ホログラムで1分の1スケール投射

 鴻池組(大阪市中央区、蔦田守弘社長)とインフォマティクス(川崎市幸区)は、複合現実(MR)技術を活用したトンネル維持管理システム(トンネルMR)を共同開発した。トンネルの点検調査時に同システムを使って構造物のひび割れや漏水の状況を、前回の3次元データと比べながら確認できる。鴻池組のMR技術の活用は今回が初めて。

 トンネルMRはトンネルの維持管理に必要なデータを、ウエアラブル端末で実構造物に投射するシステム。既製品の眼鏡型ウエアラブル端末やトンネル内部に設置する拡張現実(AR)マーカーなどで構成する。

 あらかじめ、ウエアラブル端末に土木工事用のコンストラクション・インフォメーション・モデリング(CIM)で作成した3次元データを登録。トンネル覆工現場で、3次元の地質やひび割れ展開図を1分の1スケールで正確に投射する。点検者の移動に合わせ、投射画像は高精度に追随していく。

 実用化に向け鳥取県の鳥取西道路気高第2トンネル工事で実証し、同技術の有効性を確認した。まず自社受注のトンネルの維持管理で活用していく。今後は国土交通省が進める公共事業のCIM導入活用促進に合わせて普及させる考え。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す