「個々人に合わせた美の価値 AIで提供」資生堂社長・魚谷雅彦氏(日刊工業新聞電子版)



―2020年度に売上高1兆円、営業利益1000億円超えを目指す中長期戦略「VISION 2020」の第二段階に入ります。
 「目標に向けてどのように3年を進めていくか策定中だ。積極的に投資を進めていく。需給ひっ迫しており供給力を高めるために、那須工場(栃木県大田原市)、大阪新工場(大阪府茨木市)が着工する。横浜みなとみらい21地区で建設中の研究所『グローバルイノベーションセンター』は18年末に稼働する」

―人工知能(AI)やIoTを用いたパーソナル化について。
 「自宅にいても肌診断や化粧のシミュレーション、電子商取引(EC)経由での商品購入など、個々人に合わせた美の価値の提供にはデジタル技術が欠かせない。店頭でのカウンセリングも個人に対応しているが、時間と場所が限定的で、若者や忙しい現代人に対応できているとはいえない。いつでも・どこでも・どんな条件においても美の価値を提供できる方法論はデジタルになる」
 「個々人のニーズに応える方法を追求し、モデルを作ろうとしている。AI技術を持つ米ベンチャー・ギアランの買収など、当社が持つ化粧品作りのノウハウとデジタル技術を合わせて何ができるかを実験中。もともとデータを通じた顧客との接点作りに強みを持つ。化粧品業界のトップランナーを目指して手探りをしている」

―訪日外国人(インバウンド)需要をどう取り込みますか。
 「インバウンドを日本国内のみでなく、ボーダーレスで捉えている。日本と中国、トラベルリテールを一つの市場に捉えたボーダーレスマーケティングに力を入れている。広告や商品展開などマーケティングの同期化が重要。得意分野なので効果を上げている」

―トラベルリテール事業も伸びています。
 「空港免税店は既存の1店舗当たりの売り上げが伸びており、収益が好転している。空港での広告やイベントなどを積極展開し、16年度比で約85%伸びている。上海や香港、シンガポール、関西国際空港でも資生堂の広告が増えたと言われる」

【関連記事】

Related Post



コメントを残す