農地、家、心に──癒えぬ傷 実りの秋… 笑顔消えた 助け合い収穫作業 北海道厚真町(日本農業新聞)



 田に流れ込んだ土砂、崩れた農業倉庫──。北海道地震から1カ月。最大震度7の揺れが襲った北海道厚真町には、今も震災の爪痕が生々しく残る。米の収穫期を迎え、営農や生活再建への見通しが立たない中、生産者は助け合い、農作業を分担し農機を融通し合いながら収穫作業を進める。収穫の喜びを分かち合うはずの「実りの秋」を、例年にない緊張と悲しみの中で迎えている。(望月悠希)

 同町宇隆地区の稲作農家・加賀谷俊昭さん(79)は、自宅前に通路として敷き詰めたれんがを外していた。住み慣れた家は地震の揺れでゆがんだ。「全壊」判定を受け、取り壊しが決まった。れんがは「小さな家を建て直したときに使えるかもしれない」と作業に励む。現在、親族の元に身を寄せる。今後は仮設住宅で暮らすつもりだ。

 営農は断念する。倉庫が崩れ、コンバインや乾燥機などが壊れた。年齢を考え新たに農機をそろえることは諦めた。

 手塩にかけて育ててきた約6ヘクタールの田は収穫を迎えた。農機は壊れ、使い慣れない農機を使うことが難しい加賀谷さんに代わり、同町幌内地区の米農家・森田知和さん(25)が収穫する。土砂崩れで自身の田は被災。今年は収穫ができない。加賀谷さんの孫の幼なじみで、困っていることを聞き、手伝いを申し出た。コンバインはJAとまこまい広域を通じ借りた。

 加賀谷さんの妻・弘子さん(75)は「これが最後の収穫。どうなることかと思っていた。本当に感謝している」と話すと、森田さんは「収穫がなくて暇だし、腕がなまってしまうから」と笑い掛けた。

 多くの人命が失われた同町吉野地区は、あるじのいない田が収穫を待ち、生産者らが助け合って作業を進めている。小谷一樹さん(31)は連日、収穫した米をトラックで乾燥調製施設に運ぶ手伝いをする。小谷さんも同町高丘地区で米15ヘクタールを栽培するが、土砂崩れで収穫ができない。「1カ月はいつの間にか過ぎてしまった。先が見えないが、少しずつ頑張っていくしかない」と話す。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す