明治40年創業し底引き網漁業を行っていた久栄漁業、破産開始(帝国データバンク)



 久栄漁業(株)(TDB企業コード:110095065、資本金1000万円、青森県八戸市湊町大沢52-3、代表柳谷俊一氏)は、9月10日に青森地裁八戸支部より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は小野晶子弁護士(青森県八戸市根城9-19-9、浅石法律事務所、電話0178-43-1425)。債権届出期間は10月10日までで、財産状況報告集会期日は12月11日午前10時。

 当社は、1907年(明治40年)創業、65年(昭和40年)12月に法人改組し底引き網漁業を行っていた。過去には6隻の自有船を保有し約15億円の売上高を計上するなど、地元同業界では中位にランクされる実績を収めてきた。しかし、慢性的な操業赤字から99年に3隻体制に規模縮小したほか、多額の繰越損失を抱え込むなど厳しい財務事情を余儀なくされてきた。

 その後も八戸港の長引く水揚げ不振の影響を受け、2016年12月期の年売上高はピークを大きく下回る約5億3000万円まで落ち込み、2018年2月27日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任していた。

 負債は債権者約43名に対し、約30億6909万円。

Related Post





コメントを残す