小菊品薄2割高 台風、猛暑で生育不良 秋の彼岸向け取引(日本農業新聞)



 秋の彼岸(20~26日)を前に小菊が品薄高だ。12日の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は1本40円で前年同期比2割高。主力の東北産が台風や猛暑の影響で生育不良となっており、9月の5営業日の販売量は380万本と過去5年平均(平年)より2割以上少ない。来週前半が取引ピークで、卸売市場は「出回りの急増はない。需要期以降の増量も見込まれ、相場が乱高下する恐れがある」とみる。

 小菊は彼岸に需要が高まるが、今シーズンは入荷が伸び悩んでいる。JA全農あきたによると、一部地域で台風21号による塩害や倒れが発生。「被災地域の出荷は計画より2、3割少ない」と明かす。一方、福島県JAふくしま未来は夏の猛暑が響き、「生育が昨年よりやや遅れている。丈も短め」と話す。

 仏花で好まれるスターチス(シニュアータ系)も堅調だ。12日の日農平均価格は1本53円で前年同期比1割高。販売量は15万本で1割少ない。主産地の北海道JAきたそらちは「8月までの曇天の影響で生育が鈍い」と説明。北海道地震による物流の乱れも出荷を減らしていたが、今ではほぼ正常化したという。

 彼岸向けの取引ピークは17日の見込み。全農あきたは「ここ数日の寒さもあり、小菊の増量ペースは緩やか」とみる。卸売会社は「最需要期は供給が少ない可能性があり、高値基調が続く」と見通す。ただ、それ以降は遅れ分が増量し、反落する恐れがあるという。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す