国産ジビエ 初の認証 「京丹波自然工房」(日本農業新聞)



 農水省は7日、鹿やイノシシなど野生鳥獣の肉(ジビエ)の適切な衛生管理に取り組む食肉処理施設を認証する「国産ジビエ認証」制度の第1号として、京都府京丹波町の食肉処理施設、「京丹波自然工房」が認証を受けたと 発表した。

 同工房では独自マニュアルに基づき衛生、品質面の管理を徹底。首都圏や関西圏で精肉を販売する。

 同認証を受けるには、厚生労働省が定める肉処理施設の認証基準(チェックシート)に基づく衛生管理、捕獲から販売まで追跡できるデータ管理などを 満たしていることが条件となる。

 ARTCUBEが同工房を運営。全工程を記録し、個体ごとに識別番号を付けるなどの管理を徹底する。大手百貨店と連携し、衛生面や安全性の確認を受け、販路を確保。イノシシのロースなどを京都府内の2店舗で販売する。認証機関の日本ジビエ振興協会が認証した。

 同社の垣内規誠社長は「徹底した衛生、品質管理に基づき、安心・安全という点を、飲食店や消費者にアピールできる」と話し、販路拡大に意気込む。

日本農業新聞



【関連記事】

Related Post



コメントを残す