2018年の「周年記念企業」、全国に13万9359社(帝国データバンク)



 来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっかけとなるだろう。

 帝国データバンクでは2018年に創業から節目の年を迎える企業(個人経営、特殊法人等含む)を「周年記念企業」として、2017年10月時点の企業概要データベース「COSMOS2」(約147万社収録)から、創業年以降10年刻み(200周年超は50年刻み)で500周年までを抽出し、集計した。

100周年企業は、1308社

1.2018年に節目の年を迎える企業(「周年記念企業」)は、全国に13万9359社を数え、このうち上場企業は382社判明。また100周年企業は、1308社判明した

2.業種別に社数をみると、10周年では「サービス業」、50周年では「建設業」、100周年では「製造業」がそれぞれ最多となった

3.都道府県別では、10、50、100周年でいずれも「東京都」がトップ

周年記念プロジェクトを計画、実行している企業も

 創業年から10年刻み(200周年以降は50年刻み)で500周年までを集計した結果、来る2018年に節目の「周年記念」を迎える企業は、全国に13万9359社判明した。

 周年を迎えるにあたり、すでに記念プロジェクトを計画、実行している企業がある。2018年1月に創業120周年を迎える熊谷組(東京都新宿区)は、関係者に対する感謝の意を込めて、2017年8月に記念ロゴマークを制定した。また、2018年2月に創立120周年を迎える京浜急行電鉄(東京都港区)は、2017年10月1日から2019年3月31日にかけて、120周年記念イベント・施策を実施していくと発表。その一環として、2017年10月2日からは貸切イベント列車の販売を開始した。同社は旅客誘致を通して、沿線の魅力をより多くの人々に知ってもらいたい考えだ。

 周年記念は、創業から今日までの歩みを振り返る機会となる。また、周年という一つの区切りを迎えることは、蓄積されたブランドのイメージ向上においても好材料となるだろう。周年を迎える企業が今後さらなる発展を遂げることを期待したい。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す