テニススクール「エバーグリーンテニス・フォレスト横浜」などを運営していたエバーグリーン、破産開始(帝国データバンク)



突然の事業停止で関係者に混乱を与えていた

 (株)エバーグリーン(TDB企業コード:981298023、資本金1500万円、神奈川県横浜市戸塚区品濃町1588-1、代表加藤正基氏)は、6月11日に横浜地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は野竹秀一弁護士(神奈川県横浜市中区本町1-3、立川・及川法律事務所、電話045-664-9115)が選任されている。財産状況報告集会期日は9月26日午後2時。

 当社は、1983年(昭和58年)4月に創業、1989年(平成元年)9月に法人改組した、老舗テニススクール。借地ながら約15000坪の広大な敷地内に「エバーグリーンテニス・フォレスト横浜」のテニススクール及びテニスクラブ、併せてテニスショップ・レストランを併営していた。公益社団法人日本プロテニス協会に加盟し、同協会の公認インストラクターでプロコーチとしての実績もある加藤正基代表の知名度で市外、県外から通うスクール生や会員を増やし、2005年12月期の年収入高は約4億9400万円を計上していた。

 しかし、その後は人口減と若い世代のテニス離れでスクール生、個人会員数は減少を辿り、2014年12月期の年収入高は約4億円にダウン。以後、安定的な収益確保が難しくなり、2018年に入り横須賀と鎌倉のテニスクラブの運営を関係会社に移譲。当社は資金繰りが限界に達した4月30日に急遽「エバーグリーンテニス・フォレスト横浜」を閉鎖。突然の事業停止が関係者に混乱を与えていた。

 負債は2016年12月期末時点では約2億9600万円だが、今後変動する見込み。なお、債権者総数は調査中だが、2017年11月時点の会員数は455名、スクール生は1234名。

Related Post





コメントを残す