漫画家・村枝賢一さんデザイン 6次化 コラボ かんきつでドレッシング、ポン酢 熊本・JAあしきた(日本農業新聞)



 熊本県JAあしきた産のかんきつ類を使い、「仮面ライダーSPIRITS」などを手掛けた漫画家の村枝賢一さん(50)がデザインしたドレッシングとポン酢が誕生した。道の駅「芦北でこぽん」(芦北町)や高速道路のサービスエリアなどに並べ、観光客にPR。主婦だけでなく若年層や漫画好きも巻き込み、JA商品のファンづくりを目指す。

 JAが「地域の味を伝えてほしい」と芦北町出身の村枝さんに頼み込み、実現した。パッケージには、JA商品のために村枝さんが書き下ろした女の子のキャラクターが登場する。レモン味のPRキャラクターには「柑美礼文(かんみれもん)」、デコポン味には、「橘おで子(たちばなおでこ)」と、かんきつに関連する名前を付けた。原料はJAで選果した特産のレモンとデコポンを使った。ドレッシングとポン酢4種類ある。

 商品だけでなく、販促用のぼりも作成。JA直売所などに置き、買い物客の目を引く。JAはサイン会など村枝さんの漫画イベントでも商品をアピールしてもらい、販路開拓を進める。総合直販部は「若者や訪日外国人などにはパッケージで興味を引き、購買層を広げたい」と意気込む。

 価格はドレッシング(280ミリリットル)、ポン酢(500ミリリットル)ともに540円。同JAのホームページからも購入できる。

日本農業新聞



【関連記事】

Related Post



コメントを残す