甲賀流? 手摘み “新茶第1号” ニンニン 滋賀県産(日本農業新聞)



 滋賀県甲賀市水口町の農事組合法人グリーンティ土山の茶園で23日、県内で今年初めての新茶の手摘みを行った。市職員らが忍者に扮(ふん)して近江の茶をPRした。2月末まで低温が続いたが、3月末から天候に恵まれ順調に生育。良質な茶葉に仕上がっている。

 茶産地の同市は忍者の里でもあることから、今回の茶摘みを企画。市職員や同法人、JAこうかの関係者ら約30人が手摘みで約40キロ、可搬式摘採機で約360キロの生葉を収穫した。参加した市職員は「忍者姿は少し恥ずかしかった。多くの人に新茶を味わってほしい」と話した。

日本農業新聞



【関連記事】

Related Post



コメントを残す