希少なムラサキの根 シコン生産注目の的 漢方薬や化粧品に重宝 滋賀県東近江市(日本農業新聞)



 環境省の絶滅危惧種のリストに入り、国内での生産が珍しい「ムラサキ」栽培に、農家や製薬会社などが乗り出している。ムラサキの根の紫根(シコン)は漢方薬の原料となり、肌の炎症や老化を抑える作用があるとされる。漢方薬の他、化粧品などに重宝される。現状では中国などの外国産が大半だが、希少な国産シコンで「地域再生の起爆剤」「商品の付加価値向上」を図ろうと、農家らは張り切っている。

山村再生へ商品化

 ムラサキに注目するのは、滋賀県東近江市君ケ畑町のまちづくり会社「みんなの奥永源寺」代表、前川真司さん(30)。圃場(ほじょう)は市の中心部から26キロ離れた、標高約500メートルの三重県境。冷涼な気候でムラサキの栽培適地だ。

 農薬や化学肥料を控えた栽培で、今年は7アールに1000本の苗を定植。だが、相次ぐ台風の接近で風雨による根腐れや倒伏が懸念され、圃場を通常より畝高にするなど手を尽くしたが、今年の収穫は難しいもようだ。

 前川さんが栽培に取り組んだきっかけは、非常勤講師として赴任した同市の八日市南高校でムラサキを守る活動に関わったこと。ムラサキは冠位十二階の最高位の濃紫(こきむらさき)など、高貴な色の染料として使われてきた。「希少性も魅力だが、万葉集に歌われた歴史にも引かれた」と振り返る。

 栽培に専念するため、2014年に地域おこし協力隊に転身。人口30人余りの君ケ畑町に移住した。地域再生を模索し、高収益が見込めるシコンを使った化粧品に行き着いた。

 薬品メーカーの協力で洗顔、化粧水、美容オイル、ハンドクリーム、乳液の5種類を開発。商品名は「MURASAKIno(むらさきの)」と命名した。発売は12月からで、今年度は1000万円の売り上げを見込む。東京や大阪など大都市圏での販売を予定する。

 前川さんは「地域に住む60歳以下は妻と私だけ。商品が売れれば地域に新たな雇用を生み、多くの若者が暮らせる地域になる」と力を込める。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す