日本野球の対極にある「ドミニカ野球」の正体(東洋経済オンライン)



横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智が、「野球離れ」に対して警鐘を鳴らす勇気ある発言をした背景には、堺ビッグボーイズの取り組みがあったことは先日紹介した。『DeNA筒香を輩出「堺ビッグボーイズ」の挑戦』(2月12日配信)。それとともに見逃すことができないのは、「ドミニカ共和国」の存在だ。

この記事の写真を見る

■レベルが高いドミニカ共和国のウィンターリーグ

 筒香は2015年にドミニカ共和国のウィンターリーグに参加した。ウィンターリーグとは、NPB(日本プロ野球)やMLB(米メジャーリーグ)がオフのシーズンに、温暖な地域で行われるプロ野球のリーグ戦である。

 ドミニカ共和国のウィンターリーグは6球団が各チーム50試合とプレーオフを行う。MLBやマイナーリーグをはじめ各国のプロ野球選手が個別に球団と契約して参加する。優勝チームはカリブ海諸国のウィンターリーグの勝者で争われるカリビアン・シリーズに進出する。

 ドミニカ共和国のウィンターリーグは、教育リーグや練習試合ではなく、純然たる興行として成り立っている。

 MLBでプレーしているドミニカ共和国の選手にとっては「故郷に錦を飾る」意味もあり、人気もある。チーム成績が悪ければ監督は解任されるし、成績が悪ければ選手も解雇される。レベルは非常に高く、野手の場合、NPBの1軍の選手でも出場機会を得ることは難しい。

 このリーグの存在を筒香に伝えたのは、少年野球チーム堺ビッグボーイズ代表の瀬野竜之介だ。瀬野は野球関連用品を取り扱う商社も経営しているが、5年前、日本人MLB選手のサポートのためにアメリカに滞在していたときに、当時JICA(独立行政法人国際協力機構)にいた旧知の阪長友仁に誘われてドミニカ共和国のプロリーグを見学し、そのレベルの高さと充実ぶりに感銘を受けた。

 帰国後、筒香にその話をした。筒香も興味を示し、2014年のオフに球団に許可を求めた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す