「失敗する起業家」が共通して欠けている視点(東洋経済オンライン)



基本的な型を身に付ければ「失敗しないスタートアップ」は高い確率で実現できるという。『起業の科学』を書いたベーシック チーフ・ストラテジック・オフィサー(CSO)の田所雅之氏に詳しく聞いた。

この記事の写真を見る

■スタートアップの要領が一目でわかるスライドを

 ――「失敗しないスタートアップ」を20ステップに整理し公開していて好評です。

 この本のベースになっているのが1750ページのスライド。5年ぐらい書きためてきて、このペースだと最終的には2400ページぐらいまで膨らみそうだ。

 とかく起業系の本はメンタル面や抽象的な話が多い。経営学者の著書を読むと、スタートアップでも3C分析やファイブフォース分析から入ってしまう。そのフレームワークでは実はミスリーディングになり、間違った意思決定に陥りがちといっていい。

 私自身のキャリアで特徴的なのは起業家と投資家の両側面を持っていること。そこで、日米でのスタートアップの起業と投資の経験を踏まえて、体系的に研究してきた。いろいろなステージの起業家が「アイデアに気づく」ところから、「スケール(事業拡大)する」ところまでのコンテンツをまとめた。一般企業では売り上げ目標を立てる、事業計画を立てるところから始まるが、スタートアップはそこに行くまでに95%が死んでしまう。それは社会的に無駄だから、そもそものスタートアップの要領が一目でわかるスライドを豊富に提供し明確にした。

 ――5章立てになっています。

 「アイデアの検証」「課題の質を上げる」「ソリューションの検証」「人が欲しがるものを作る」「スケールするための変革」と、5つの段階に分けるとわかりやすい。

 事業のベースになるアイデアがそもそもよくなかったら、始める意義がないから、まずアイデアに気づくことが必要だ。そのアイデアは考え抜いた気合いを入れたものではなく、「サイドプロジェクト(気軽な副業)」のような普段の課題の中から発見する。初めから「プランA(最善の仮説)」などと気負うことはない。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す