NYのセレブが子どもに「漫画」を習わせる理由(東洋経済オンライン)



 ニューヨークで漫画家デビューをして以来、子どもに漫画を教えてほしいというリクエストが増えプライベートレッスンを開くようになりました。ありがたいことに、今ではウェイティングリストができるほどになりました。

この記事の写真を見る

 私の生徒たちは、年齢は6歳から18歳までと広く、国籍もバラエティに富んでいます。共通しているのは、ほとんどが、親が金融会社のトップだったり、著名投資家だったりと裕福なマンハッタンに住むセレブキッズということ。レッスンで自宅を訪ねると、「これは城か!」と叫びたくなるような豪邸に住んでいたり、お抱えのシェフお手製のおやつを出してくれたりと、これまで触れることのなかったセレブの生活につねに驚きと発見を感じる日々です。

■なぜセレブが漫画教室に? 

 私の教室にセレブキッズがやってくるきっかけを作ってくれたのは、ニューヨークの美術館で開いた漫画教室で出会った小学校2年生、クロエのお母さん。彼女はとんでもない人脈の持ち主で、あれよあれよという間に口コミで私の名が広がっていきました。ニューヨークはネットワーク次第でいくらでもビジネスチャンスをつかむことができるのだと痛感しました。

 ニューヨークのセレブキッズがなぜ漫画教室に通うのか。理由の1つは、子どもたちのスケジュールにあります。州によって異なりますが、アメリカでは12歳以下の子どもを1人で留守番させるのは幼児虐待にあたるとして法律で禁止されています。ニューヨークのように共働きカップルの多い夫婦は家にいないことが多いので、家族が家に戻る時間まで習い事を詰め込むパターンが少なくないのです。

 もう1つは、今の子どもたちが日本のアニメや漫画を見て育ってきていることがあります。「サザエさん」や「ドラえもん」が日本の国民的アニメであるのと同じように、こちらでは多くの子どもが「ポケモン」を見て育ってきています。

 子どもの頃からアニメや漫画になじんできた子どもは、見たり読んだりするだけでは満足せず、「自分もアニメや漫画を書いてみたい!」となるわけです。特にニューヨークの子どもたちは好奇心旺盛で競争心が強いので、とにかくやらないと気が済まないようです。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す