「50代の結婚」という夢を叶えた人の“決め手”(東洋経済オンライン)



■50代での再婚に「夢が叶った」

 <50代でなぜ婚活? と聞かれることも多かったのですが、子どもを引き取って(前の夫と)別れた側としては、子どもが独立するまでは一生懸命で、さみしくないんです。40代は子育てに集中していました。

 でも、子どもが大学に入って就職も決めたら……。自分のこれからのことを考えるようになりました。1人でも生きていけるようにいろいろと手は打ってありましたが、誰かの隣でホッとしたいなと強く思いました。今は隣で休む彼を見ながら、夢が叶ったなと思います>

8月18日公開のインタビュー記事(「50歳以上で恋愛なんて」は偏見に満ちている)を書いて以来、50代以降同士の晩婚カップルに取材したいと思い続けてきた。しかし、なかなか取材先が見つからない。仕方ないので筆者のメルマガで募集してみたところ、55歳の女性読者が冒頭のような文章付きで手を挙げてくれた。

 昨年末に婚活パーティで出会った5歳上の男性と年明けから交際を始め、婚約をして、現在は都内のマンションで2人暮らしをしている。来春には一人娘が大学を卒業して就職するので、それを待ってから入籍を考えるつもりだという。

 <この年齢だと結婚を急ぐ理由はないのですが、恋人というより夫婦のほうがしっくりくるので、早く結婚したいなと思います>

 婚活をしていた2年間は本連載を楽しく読んで参考にしてくれていたらしい。早速取材を申し込み、筆者が大好きなアジア食堂「ぷあん」(東京・西荻窪)に招いた。しみじみおいしい北タイ料理を食べながら、2人の話を聞くことにしたい。なお、登場人物は本人たちも含めてすべて仮名である。

 連絡をくれた加藤恭子さんは、上品なワンピース姿にロングヘアの上品な女性だ。40代後半ぐらいに見える若々しさで、優しい奥さん風。建築関連会社の事務職として正社員で働いている。

 パートナーの大谷幸太郎さん(60歳)は、すらりとした長身で姿勢のよい男性。禿げているが潔い短髪なので爽やかさがある。仕事帰りに作業着姿で「ぷあん」に駆けつけてくれた。機械部品関連の会社を1人で経営しているらしい。

■すれ違うようになったきっかけは「バブル崩壊」

 まずは恭子さんの話を聞こう。25歳のときに最初の結婚をし、33歳で出産。長い別居生活の末に46歳のときに離婚をしたという。別居期間も含めて、一人娘の美香さんをほとんど1人で育ててきた。前夫の俊之さんは13歳年上。気持ちがすれ違うようになったきっかけは「バブル崩壊」だった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す