JAL、やっと念願の「5つ星」を獲得できた理由(東洋経済オンライン)



7/22(日) 10:00配信

東洋経済オンライン

 JAL(日本航空)は7月17日、航空関連の格付け機関である英スカイトラックス(Skytrax)社から、世界で最高品質と認められる航空会社にのみ与えられる「5つ星」を獲得した。念願の「5つ星」を得た喜びの声をJALの赤坂祐二社長に授賞式会場で伺うことができた。

この記事の写真を見る

 スカイトラックスは1年に一度、航空会社を評価する「ワールド・エアライン・アワード」と、空港をランク付けする「ワールド・エアポート・アワード」からなる2種類の評定を発表している。

 航空業界内には、さまざまなランキングや格付けがあるが、スカイトラックスの評定は中でも権威のあるもののひとつとして、航空会社や空港が高評価獲得に向け、サービス水準の向上に努めている。

■スカイトラックスの「5つ星」とは? 

 JAL赤坂社長の「喜びの声」を紹介する前に、まず「5つ星」がどのようなものなのか、ざっと説明しておこう。

 スカイトラックスの「5つ星」を持つ航空会社は、現在、全世界でわずか11社しかない。毎年見直しが行われ、サービスなどのレベルが低下すると剥奪されることもある。

 日本では、JALの競合に当たるANA(全日空)はすでに2013年に同評定を獲得しており、機内誌などでも積極的にこれをPRしてきた。JALが今年獲得したことで、日本は世界で唯一、2社の「5つ星航空会社」を擁する国となったわけだ。

 評定に当たっては、客室乗務員のサービス水準をはじめ、空港での搭乗手続き手際のよさ、ラウンジのレベル、機内食の量や質、機内のエンターテインメントの充実度などを自社の審査員や各国を飛び回る国際派トラベラーなどによりチェックされたデータを基に算出している。

 ちなみに、スカイトラックスが評価しているのは5つ星だけでない。世界の300以上の航空会社について、1~4つ星のランクも付与しているので、会社によっては非常に不名誉な評価を抱えてしまっているところもある。

 では、現在「5つ星」にある航空会社全11社を紹介してみよう(英文名のアルファベット順)

 スカイトラックス・5つ星の航空会社(2018年7月現在)

・全日本空輸(2013年以降、6年連続)
・アシアナ航空(2007年以降、12年連続)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す