「後妻業の毒婦」は寂しい高齢者を標的にした(東洋経済オンライン)



7/14(土) 13:00配信

東洋経済オンライン

 「毒婦」と呼ばれる女性が世間を騒がすことはあるが、見るからに妖艶さを身に纏っていたり、いかにも男性がだまされたりするんだろうなという雰囲気を醸し出したりしている場合は意外に少ない。京都、大阪、兵庫3府県で起きた連続青酸死事件の犯人・筧千佐子(逮捕時67歳)も、どこにでもいそうな気さくなおばちゃん、どころか、おばあちゃんにしか見えない一人だろう。

この記事の写真を見る

 事件は、2013年12月に死亡した京都の筧勇夫さん(75歳)から、青酸化合物が検出されたことから全てが始まる。警察が妻の千佐子の周辺を探ると、1994年に夫を病気で亡くして以降、結婚相手や交際した高齢男性が相次いで死んでいることがわかる。なんとその数は11人。結婚相手の遺産はもちろん、内縁関係でも、ご丁寧に遺言公正証書まで作成させて資産を相続していたために、連続不審死事件の様相を帯びてくる。

 著者は彼女との対話や手紙のやりとりを通じて、事件の全容に迫るが、読み進めれば進めるほどに、千佐子の不気味さが浮き彫りになる。

■常人には理解できない行動の不可解さ

 一部報道では、受け取った資産は8億円ともいわれ、メディアから「後妻業」として注目を集める。とはいえ、捜査は一筋縄ではいかない。亡くなった男性たちは一度は病死と判断されており、警察の腰も重い。捜査するにも、亡くなった人が多く、警察の管轄が異なることなども障壁となる。

 最終的に4件の殺人などの容疑で捕まり、極刑になるのだが、裁判で彼女の発言も二転三転する。黙秘すると言ったかと思えば、次の瞬間には私が殺したと発言し周囲を困惑させる。次の公判になれば前回、何を言ったか覚えていないと言い張り、自分は認知症だと言い出す。

 裁判での千佐子のぶっ飛びぶりも本書の読むべき箇所のひとつであるが、何よりも驚くのは、犯行に及ぶに際し、千佐子が同時並行的に男性と付き合い、籠絡することだ。彼女が「獲物」を見つけるのは主に結婚相談所。複数の相談所に登録し、年収や資産があり、高齢、子どもがいないことを条件に、手当たり次第に男性に会う。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す