飲み過ぎ注意!薬の大量摂取は毒にもなる(東洋経済オンライン)



6/21(木) 12:05配信

東洋経済オンライン

 初診時にAさん(72歳女性)は、夫が押す車いすに乗って診察室に入ってきた。座っているのもつらそうな雰囲気で、車いすの上でやや前かがみになり、目を閉じて眠っているようにも見えた。

 4年前に受けた胸部大動脈瘤の手術の合併症で、下部胸椎以下(へそから下)の不完全麻痺になった。ただ、直後から積極的なリハビリテーションを1年間続けたおかげで、下半身の動きはかなり回復した。

 しかし、両下肢のしびれ・痛みがひどく、大学病院を含むさまざまな医療機関の神経内科、脳神経外科、リハビリテーション科、ペインクリニックを受診し、さまざまな種類の神経ブロック療法や薬物療法を受けてきた。それでも良くならないので、筆者の元に紹介されてきた。

■認知症か? と思いきや…

 Aさんの耳元で「何がいちばんお困りですか?」と、初診時にどの患者さんにも聞いている質問をすると、少し上体を起こして目を開けたが、表情はうつろで、目の焦点も定まっていないようだった。何かブツブツ言っているが、内容は良く聞き取れない。

 筆者は「かなりひどい認知症があるように見えるが、痛み治療で何とかできるレベルなのだろうか。さて、どうしよう?」とさすがに考え込んでしまった。

 すると、そばにいた夫がおずおずと話しかけてきた。

 「元々は大きな病気もなく、とても活動的で、しっかりしていたのです。大動脈瘤は検診で偶然見つかって手術したのですが、下半身麻痺になった後も、めげないでリハビリテーションに一生懸命に取り組んで、随分良くなったんです。でも、痛みとしびれが良くならなくて、いろいろな治療を受けているうちにだんだん悪くなって……何とかなりませんでしょうか?」

 筆者が意を決して、もう一度「Aさん、何がいちばんお困りですか?」と少し大きめの声で話しかけると、また何か言い始めた。今度はとぎれとぎれだったが、内容ははっきりと聞こえた。「動けなくてつらい」「だるい」「何もできなくて、一日中横になって過ごしている」とのことだった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す