挑み続けた44歳「元格闘家」の明るすぎる転身(東洋経済オンライン)



5/27(日) 21:17配信

東洋経済オンライン

 都内のビルの一室にあるトレーニングジム。ビルのエレベーターを降りると、扉の向こうから、大きな声が響いてきた。

この記事の写真を見る

 「ストレート!」「ジャブ!」「ワンツー!」

 この明るく元気な声の主は、格闘技とフィットネスを融合したトレーニングプログラム「ファイトネス」を主宰する大山峻護(44歳)だ。最強一族といわれるグレイシー一族からの2度の勝利をはじめ、かつての格闘技全盛時代に、PRIDEやK-1HERO’Sなどで活躍した元総合格闘家の大山をご存じの方もいるだろう。

 現在、主に企業研修の一環として「ファイトネス」を導入し、格闘技の楽しさを伝えるとともに、健康的な体づくりと、くじけないメンタリティを育む活動を行っている。

 この日は、企業の経営者を対象にした「経営者ファイトネス」が行われ、集まった十数人の経営者らとともに、楽しみながら一緒になって汗を流していた。

■ヒーローになれなかった格闘技人生

 大山は、幼少の頃、ウルトラマンの強さに憧れた。ウルトラマンのように強くなるために、5歳の時に始めたのは柔道だった。中学2年の時には、柔道の私塾「講道学舎」の門をたたき、シドニー五輪の81kg級金メダリストの瀧本誠ら、名だたる同期とともに汗を流し、その後も柔道の強豪校へ進学。まさに柔道漬けの青春時代を過ごした。

 この頃、憧れていたのは、「平成の三四郎」と呼ばれ豪快な一本背負いを得意とした古賀稔彦。彼のように強くなりたいと強く願った。

 だが、大山は、自身が思い描くような結果を残すことはできなかった。柔道一筋だった大山に転機が訪れたのは、格闘技バブル真っ只中の2000年5月1日。突然、大山の目の前に新たなヒーロが現れた。

 「IQレスラー」と呼ばれる独創的な戦いで人気を博した桜庭和志だ。この日、「PRIDE GRANDPRIX 2000」を東京ドームの最上階から観戦した大山は、桜庭とホイス・グレイシーとの一戦に心を奪われ、全身が震えるほど感動した。そして、その心赴くままに、すぐさま総合格闘技の世界へ飛び込んだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す