「ゲティ家の身代金」は88歳の名優に救われた(東洋経済オンライン)



 セクハラ被害を告発する「#Me Too」「Time’s Up」ムーブメントがハリウッドに広がって久しいが、5月25日公開予定の映画『ゲティ家の身代金』は、このムーブメントを今後語るうえで欠かせない1本になるだろう。といってもそれは内容面というより、本作の制作過程で大きく影を落とした――という点においてだ。

この記事の写真を見る

 本作のメガホンを取ったのは『エイリアン』(1979年)、『ブレードランナー』(1982年)など幅広いジャンルで数々の名作を世に送り出してきたリドリー・スコット監督。現在80歳のスコット監督の創作意欲はますます旺盛で、近年も『オデッセイ』(2015年)や『エイリアン: コヴェナント』(2017年)など数々の話題作を発表している。そんな巨匠が最新作の題材に選んだのは、『フォーチュン』誌によって世界初の億万長者に認定された、実在のアメリカ人石油王ジャン・ポール・ゲティをめぐる事件だった。

■石油王ゲティの孫が誘拐された事件を映画化

 世界でも屈指の大富豪でありながら、(それゆえに? )希代の守銭奴であったゲティは、1973年に最愛の孫が誘拐された際も、身代金1700万ドルの支払いを拒否。総資産額50億ドルと言われた彼の懐具合からすれば、そんな額を支払うのはたやすいだろう――という考えは彼には当てはまらない。

 「ここで身代金を払ったら、他の孫にも危害が及ぶじゃないか」というのが彼の言い分だが、希代の守銭奴の言い分を鵜呑みにしていいのか。このゲティという男の複雑さが周囲を振り回し続け、やがて事態はとんでもない方向へと転がっていく――というのが本作の物語だ。全編を通してスコット監督の語り口は冴え渡り、133分という上映時間を感じさせないほどに観客をハラハラさせてくれる。

 もともとこのゲティ役は、『アメリカン・ビューティ』『セブン』などで知られるケヴィン・スペイシーが選ばれており、賞レースにも有利な12月公開を目指して映画も完成させていた。しかし昨年の10月、スペイシーが過去に行った当時14歳の少年に対するセクハラ疑惑が浮上。さらに別の被害者が続々と名乗りをあげたことで世間は騒然となり、スペイシーにも厳しい対応で臨む必要が出てきた。

 スパイシーは主演ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」をクビになったほか、エージェントからも契約を打ち切られるなど、ハリウッドからは事実上の追放状態になる。その余波は、当然この作品にも及ぶことになる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す