「昨年96敗」ヤクルト小川監督が語る反省点(東洋経済オンライン)



いまだ記憶に新しい2017シーズンの屈辱的な戦績。ドン底まで低迷したチームを立て直すべく舞い戻った小川淳司監督は、宮本慎也ヘッドコーチを要に据えたチーム改革を断行した。ハードワークに見られる「厳しさ」の追求は、選手達の意識をどのように変え、チームにどんな変化をもたらしているのか――。インタビュアーにライター長谷川晶一氏を迎え、小川監督のスワローズ改革に迫っていく。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届する。

この記事の写真を見る

■昨シーズンのスワローズに対する後悔

 ――昨年はヤクルト球団史上ワーストとなる「シーズン96敗」を記録。この危機的状況を救うべく、4年ぶりに現場復帰した小川淳司監督がどのようにチームを立て直していくのか?  一年間、インタビューを続けることで、そのマネジメントの過程を見続けていきたいと思っています。

 小川:はい、一年間どうぞよろしくお願いいたします。

 ――昨年までは「SD(シニアディレクター)」という立場からチームをご覧になっていました。そもそもSDというのはどのような職種なのか、教えていただけますか? 

 小川:アマチュア選手の調査と獲得、外国人選手の補強、二軍選手の育成、他球団選手の調査とトレード……。簡単に言えば、編成に関するすべてを担当するディレクターですね。他球団には「GM(ゼネラルマネジャー)」という職種もありますが、GMというのは予算管理も含めた全権を担当するマネージャーです。SDというのはその権限はないので、金銭管理以外の部分でのチーム編成を担当します。

 ――2015年から2017年までの3年間のSD時代には、どのような方針、ポリシーでチーム作りに取り組んでいたのでしょうか? 

 小川:これは球団の方針とも一致するのですが、強く意識していたのは「ドラフトで獲得した選手を育成強化し、常に優勝争いができるチームにする」という方針です。単年での優勝ではなく、常に優勝争いをできるチーム作り。そのためには有望選手の獲得、そして獲得後の育成が大切になります。僕自身が実際に関わるようになったのは15年のドラフト会議からですが、この年からは高校生中心のドラフト戦略に変わっていきました。

 ――確かに15年ドラフトでは、ドラフト2位に廣岡大志(智辯学園高校)、3位・高橋奎二(龍谷大平安高校)、4位・日隈ジュリアス(高知中央高校)、6位・渡邉大樹(専修大学松戸高校)と、高校出身選手の指名が増えましたね。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す