アラフォー「恋愛弱者」男女の結婚のリアル(東洋経済オンライン)



 神奈川県内にあるターミナル駅に来ている。インタビュー場所として駅前の明るい雰囲気のカフェを指定してくれたのは、都内のIT企業に勤める森岡光代さん(仮名、41歳)。3年前に結婚し、現在は産休中でこの記事が公開される頃には子どもが生まれている予定だ。

 光代さんは女子大を卒業後、非正規雇用で3社ほど転々とした経歴がある。現在の会社に正社員として入ることができたのは7年前だ。結婚して温かい家庭を作りたいと若い頃から思っていた。しかし、30代半ばまでは仕事も生活も落ち着かず、気になる人がいてもデートの先には進めない「恋愛弱者」だったと振り返る。

 「恋愛に慣れている感じの男性はちょっと怖いと思ってしまうので、私が好きになるのはいわゆる草食男子です。好きになった人には自分から告白していました。でも、相手に嫌われない形で気持ちを伝えられないのです。タイミングがわからず、別れ際の駅構内で公衆の面前で告白しちゃったり……」

■36歳で訪れたチャンス

 仕事で分析を業務としている光代さん。パソコンゲームを自作するほどの「オタク」である自分はモテるタイプではない、合コンや紹介ではなく趣味の場で男性と出会ってゆっくりと愛情を深めるしかない、と自己分析していた。結婚してからも趣味に理解があることは必須だし、できればアニメ、マンガ、ゲームなどが好きな男性がいい。ゲーム会社主催のイベントやSNSのオフ会には積極的に参加していた。

 36歳のとき、光代さんにチャンスが訪れる。高校時代の文化系部活仲間の集まりに、3歳年下の後輩男性がやってきたのだ。

 「映画研究会と漫画研究会とコンピュータ研究会が共存しているような部活でした。社会人になってからもときどき集まってボードゲームを楽しんだりしています。学年の違う彼とは面識がありませんでしたが、mixi日記を読んで『感じのいい日記やコメントを書く人だな』と好意を持っていました。思いやりやウィットが感じられる文章なんです」

【関連記事】

Related Post



コメントを残す