努力限界 衰えぬ工作機器需要



■メーカー各社、需給逼迫感高まる
 装置の位置決めに使われる直動案内機器やボールネジなどの工作機器の需要が勢いを増している。半導体製造装置、工作機械、産業用ロボット向けの引き合いが活発化。機器メーカー各社はレンタル工場の活用や人員の拡充などにより生産を拡大するが、「納期が1年を超える商品もある」(機器メーカー幹部)という。一方、生産コストの増加を反映した値上げが受け入れられはじめており、需給の逼迫(ひっぱく)感は高まっている。(日刊工業新聞電子版)

[続きを読む]





コメントを残す