急な円高 日本企業に悪影響も



 14日の円相場は対ドルで一時、約1年3カ月ぶりの高値をつけた。1月にみられたユーロ高を起点とする「ドル安」から、最近は米国発の株式市場の動揺を受けた投資家の不安心理増大に伴う「円高」の色彩が強い。2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した直後の水準まで逆戻りした形だ。足元の円高傾向が長引けば、好調を維持している日本企業の業績にも悪影響が生じかねない。(SankeiBiz)

[続きを読む]





コメントを残す