自動車大手 5年連続ベア検討



 2018年春闘で、賃上げのリード役となる自動車大手の労使交渉がスタートした。経営側は14日に労働組合から出された要求を受け、基本給を底上げするベースアップ(ベア)を5年続けて実施する方向で検討に入る。安倍晋三首相が「3%以上の賃上げ」を経済界に要請したことを重視しているためだ。(時事通信)

[続きを読む]





コメントを残す